Perlで学ぶディープラーニング入門

損失関数とは

損失関数は、出力結果と期待される出力結果(正しい答え)の誤差を計算するために使用する関数です。

ディープラーニングでは、損失関数で求められた誤差が小さくなるように、重みとバイアスのパラメーターが調整されていきます。

Perlで学ぶディープラーニング入門のご紹介

Side Bar